結婚式の引き出物やギフト選びは喜ばれるものを❘ギフトチョイス法

女性

遠くから気持ちを贈る

手紙

結婚式や葬儀のときに、駆けつけることができれば駆けつけたいが、そうはいかない場合もあるでしょう。その際に出席や参列ができないという旨を伝えて、一言気持ちを伝える為に電報を贈ってみましょう。

» 詳細

多人数にも最適

風呂敷

一組のカップルが一生涯を共にする夫婦になるとき、その気持ちを証明する為に結婚することになるでしょう。結婚した夫婦の中には、その記念に結婚式を挙げると選択する夫婦もいるものです。結婚式に出席する参列客のほとんどが、祝いの気持ちを祝儀に込めて手渡します。新郎新婦は、そのお礼として引き出物を贈るでしょう。引き出物はあらかじめ、出席する予定人数分を備える必要があり、どの人にあたっても喜ばれるものを選びたいものです。引き出物としてよく挙げられているものの中には、食器、スイーツなどがあり、定番化しています。しかし、受け取る側の中には、食器はすでに自宅にあったり、体調面で甘いものを控えたりということはあるものです。老若男女問わず、喜ばれるギフトを引き出物として贈りたいということであれば、カタログギフトを利用するといいでしょう。

カタログギフトは多くの人が利用しているもので、あらかじめ贈る側が料金を支払っておくと、受け取る側がその中にある好きなギフトを自由に選ぶことができるものです。こういったものであれば、一人一人好きなものを贈ることが可能となるでしょう。今では、グルメ、食器、レジャーなど多種多様なギフトが一冊に収められているので、幅広い年齢層にも最適な商品が見つかるでしょう。引き出物に選ばれやすいカタログギフトの中には、最初から割引されているものがあり、その旨を受け取る側に知られることはありません。新郎新婦は、そういったものを選ぶことで、結婚式に掛かる費用を大幅にカットすることもできるでしょう。トータル的に見てもパーフェクトなチョイスになると言えます。

世界に一つだけのギフト

ギフト

両親の還暦祝いに贈るギフト選びは悩むものです。両親の好きな食べ物や趣味に用いるものを贈ることもありですが、大きな祝いごとになるので世界に一つだけしかないものを贈るのもいいでしょう。

» 詳細

贈る際のマナー

たくさんの箱

周りの友人や家族から、結婚祝いを受け取った際には結婚内祝いを贈りましょう。内祝いは、頂いたギフトのお返しになるもので1ヶ月前後までには贈ることが好ましいものです。その金額にもマナーを守りながら選びましょう。

» 詳細