結婚式の引き出物やギフト選びは喜ばれるものを❘ギフトチョイス法

女の人

贈る際のマナー

たくさんの箱

結婚内祝いを贈る際には、いろいろと気をつけなくてはいけないマナーがあります。そのマナーの一つには、贈るタイミングです。基本的には、結婚祝いとなるギフトを頂いてから約1ヶ月以内には贈るものです。しかし、きっちりとその期間を守らずともそのあたりで贈ることには失礼にあたりません。遠方に住んでいる人は贈る際には、あらかじめ一言ギフトが届くという旨を伝えておくことです。サプライズを兼ねたプレゼントなら知らせる必要はありませんが、お返しとなる結婚内祝いが無言のままに届くと、受け取る側に不愉快な気持ちが生じる可能性があるのです。結婚内祝いを選ぶ際に、最も気をつけたいのがその価格です。頂いたギフトの価格を超えないように選ぶことがマナーとされています。明らかに、自分が贈ったものより高級品が届くことで、金額の差を見せつけられていると感じないようにという意味合いがあるのです。そう思わないだろうと考えるものですが、一つのマナーとして守っておきましょう。

結婚内祝いを贈ると決めて、多人数にどういった品を贈ったらいいのかと悩んだ際には、普段の生活で用いられる食べ物や用品にするといいでしょう。日本人の間でよく選ばれている食べ物にはお米があります。上質なセンスでまとめられている、結婚内祝い用のお米もあるので予算に合わせて選んでみましょう。礼状の印刷やのし袋の貼り付けまで、全て一貫したサービスを提供している販売店もあります。